友達の宮守修二

小さい頃、お家が隣席同士で幼なじみの斗馬と朱音。

両者はお互いに両思惑だが、依然として付き合っていなかった。

明日は朱音の年齢なので、両者はデートの公約をやる。

斗馬は朱音の年齢に告白すると、親友の修二に話す。

ところが、斗馬はデートの公約の場所にバイクで通う途中で貨物と衝突して瀕死の状態になる。

公約の時間になっても斗馬が現れないので朱音が心配していると、修二から斗馬が災害でクリニックに運ばれたと連絡がくる。

朱音がクリニックに駆けつけると斗馬は持ち味不明の重体で医者から心構えをするように宣告される。

明日、朱音が病院に行くと、斗馬は奇跡的に回復して、公共病棟に移っていた。

朱音が病室を訪ねると、斗馬は必ずやバイタリティみたいになっていて、コーヒを飲んでいる。

「体の具合はどうして?」と心配する朱音に

「そんなことより朱音…益々近くに来いよ」と斗馬は朱音を交わる。

そして、やにわに朱音を明々白々にしてしまう。

いつもの格好とまるで違う斗馬に揺れる朱音。

「やだっコワい!!こんなの斗馬君じゃないっ」

あんな朱音に斗馬は手厚くキスを始める。

初めてのキスに朱音がボーっとしていると、それはコッテリキスに替わり、斗馬は朱音の豊満な胸をもてあそぶ。

斗馬にアソコをこすりつけられ、ビチャビチャとイヤらしき音をたてて朱音はイって仕舞う。

案の定斗馬はなぜしまったのか!?

斗馬は災害で死にみたいになっていた状況、死神と売り買いをしたのです。

「朱音…オレの方を産め」

朱音が斗馬の方を産めば、斗馬は完全に生き返ることができるという。

斗馬は混乱する朱音を犯して行く。

一際セクシー満載のアニメだ。

エッチな段階があんまり多いです。

ダイアログよりもセクシー意識の人様は評価大きいと思います。

ヒーローの朱音は可愛くてきゃしゃなのに巨乳だ。

だからなのか、どうしても襲われます。

今まで処女でいられたのが不思議なくらいだ。

ファーストキスもまだの処女の朱音が、肉体とマインドを死神と融合した斗馬に犯されて行く段階はいともイヤらしいです。

朱音は担任の教師にも犯されみたいになるのですが、超人的なチカラを有する斗馬に助けられます。

災害の前とは人様が変わってしまったような斗馬ですが、なかばは死神でなかばは斗馬君なので、やっぱ朱音を大切に思っているんですね。

空論題材も残るセクシーアニメって面白いだ。

ただ、ちょっと台詞とか評が多いような気がします。

それに、朱音のいたたまれない脚を開いた風貌がヌルヌル数多く登場します。

処女なのだから、しばし恥じらいがあっても…と思ってしまいました。

でも、大好きな斗馬君のために、人間全身を死神にささげる朱音ちゃんがいじらしいですね。

死神に肉体とマインドを乗っ取られた斗馬君が、白々しいけど時時優しさを見せるのもとってもいいです。

エッチばかりで中身のないTLもありますが「死神に捧ぐ処女」はダイアログもセクシーも両者楽しめそうなアニメです。
宮城県の不倫調査